Kuma_Break_Hour_EURJPY_Ver9
パターン統計でなく 分散分析を用いた統計処理で 再現性を高くした
パターン統計でなく 分散分析を用いた統計処理で 再現性を高くした?|?fx-on.com

  
  s_yosukeです。

今日紹介するのは「TAKA」さんの「Kuma_Break_Hour_EURJPY_Ver9」です。

・使用通貨ペア:EURJPY

・使用時間足:1時間足

・両建ては「なし」です。

・フォアードテスト結果は「 ほぼバックテスト通りの結果 」です。

【バックテスト】

バックテストの使用期間は約9年です。

年間で約4334万円の収益です。※初期資金50万ドルで,約9年間のテスト結果【1ドル110円換算】

※9年間で約39006万円の利益。

9年で取引回数が1264回ですので、年間約140.5回の取引です。

取引回数は比較的少ないです。

モデリング品質が「n/a」ですので、バックテストの品質としてはフォアードテストと合わせて考える必要があります。

スプレッドは「20」なので海外の証券会社でも十分使用できるテスト結果です。

プロフィットファクターは「1.41」ですし、とてもいい結果です。

勝率は「57.52%」と50%以上の勝率です。

最大ドローダウンは「9.69%」で10%以下と非常に低いです。

想定できる損益分岐勝率は約50%です。

フォアードテストも見てみましょう。

【フォアードテスト】※2019/08/16までの結果

期間は約42ヶ月間です。

収益率は49.58%で好調です。

勝率は51.72%と50%以上の勝率です。

プロフィットファクターは「1.22」ですし、かなりいい結果です。

最大保有ポジション数は 12です。

リスクリターン率は「2.92」と1以上と高いです。

最大ドローダウンは「13.69%」で30%以下で比較的低めです。

右肩上がりのEAです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。